留学先で人気があるのは英語圏

subpage01

多くの学生が留学を希望する場所は、やはり英語圏が圧倒的となっています。

NAVERまとめのことならこちらのサイトをご覧ください。

世界の共通言語として多くの人々が使用する英語は、現在のグローバルスタンダード言語の地位にあり、ビジネスの世界においても英語の習得はもはや必須と言われるようになってきています。
大学も英語教育に力を入れており、海外への留学を必修単位に設定して学生に義務付けているケースも見られます。

そのため、積極的に英語を学びに行くという姿勢が必要となっており、より良い学習環境も選択していかなければなりません。

最も大きな問題になるのが費用の面です。1ヶ月から2ヶ月程度の短期間でも、渡航費用と滞在費、生活費などで少なくとも50万円から100万円は必要となり、1年間の本格的な留学となると、200から300万円ほどが必要となります。



もちろん大学による提携先への留学では費用の一部が免除となったり負担が軽減される制度もあるので活用するのが良いでしょう。


個人で行う際には、渡航費用をおさえるために東南アジアの英語圏へ行くケースも多く見られます。


米国やオーストラリアなどと違い生活費も安く抑えられことも人気の要因です。



フィリピンのセブ島などが日本人の受け入れ先として有名で、多くの語学留学者が学んでいます。

また異文化交流の観点からも、日本とは全く違う国での生活をおくることもきわめて有益な体験となることは間違いありません。


ぜひ積極的に渡航を検討してみてはいかがでしょうか。